読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信用と価値 お金を使わない生き方

個人のための経営学

たぶんこれを紹介すると、プライドが、とか世間体が、とかセコイとか色々言われそうなのですが、それなりに確実なので紹介しようと思います。 

実家で両親に養ってもらう

これはそのままですね。特に説明する必要はないと思います。家賃や食費はかかりません。 

色んな人と仲良くなっておく

いざという時に助けてくれます。例えば夜遅くまで遊んだ時に友達の家に泊めてもらったり、食事をご馳走してもらったり、普通だったらお金がかかるところを無料や割引にしてもらったりなどなど。はやい話がコネです。 

自治体のサービスを熟知しておく

案外知らない人が多いのですが、自治体は様々なサービスを提供しています。税金払っているんですから使えるものは使い倒しましょう。市区町村のホームページなどを見てみてください。けっこう面白いこと書いてますよ。 

私の先月の出費

正確な数字はちょっとわからないのですが(すみません)、だいたい3万と数千円のはずです。奨学金返済、携帯代、保険、交通費、本が主です。

先月は大学の忘年会だったので、それで交通費を数百円使いました。その時の食事は教授が出して下さったのでお金はかかってません。2次会でお酒を一杯飲みましたがそれは友達がご馳走してくれました。夜遅かったので友達の家にお邪魔させてもらいました。

他にも外出してますが誰かに送ってもらったり、支給してもらったりとあまりお金はかかってません。食事は支給の時もありましたが私は1日食だけなので晩御飯(家)だけです。

奨学金や携帯代はどうしようもないですね。避けては通れないです。

いつもはしょっちゅう東京に行くのですが、今は貯金の最中ですので京都から出ていません。ホテル代も先月は無しです。 

セコイ、どうかしてる

自分の生活について、自分のことを知らない人に言うと大抵変な顔をされたり、口には言わないけれど「どうかしてる」みたいな反応をされることが多々あるんですよね・・・。

ちょっと弁明しておきます。

なぜお金を使わずに生活できるか、というと自分でいうのも何ですが、その人にとって私には信用と価値があるからです。 

nanimonai.hatenablog.jp

 この記事でも書いてますが、お金は信用と価値によって成り立っています。信用と価値があれば何でもいいのです。

両親にとっては私には、私という信用や、家事や手伝いをしてくれるという価値があります。忘年会でご馳走してくださった教授にとって私には、成果を出してくれるという信用と、その成果を利用できる価値があるのです。

確かにお金のやり取りは発生していませんが、私はその人に信用と価値を提供しています。だからそれだけの恩恵を受けることができます。

コネは出来るものではありません。作るものです。コネを作るには実力が必要です。その人が求めるものを見つけ、それを提供した時にコネは作れます。 

nanimonai.hatenablog.jp

自分自身が油田になればお金はいりません。